建設・測量 産業用ドローン


建設・測量向けの産業用ドローンについて、必要な機器や機材、設備、ソフトウェアなどについて、当サイトの独自の主観でまとめた。
※性能等を理解できている機器や設備を前提とするため、ものによってはすべてを一つで賄えたり、逆にいずれかの機能が省かれている場合もある。


空撮用途

主に現場の記録用に使用する場合を想定しています。

必要な機体

メーカー製の既製品で、空撮を主な目的とした機体の高級モデル(dji inspire2 or 同等の機種)が最適
inspire2であれば、目的に応じて搭載するカメラを変更でき、1~2オペレーターでの運用も可能なオプションも用意されていて、特殊な用途(機体の上面を撮影したい場合、悪天候下で運用したい等)を除き1機で大抵の空撮を賄えます。

その他必要な機器、設備等

  • スマホかタブレットPC、およびPC
    アプリによる機体の制御やファームウェアのアップデートに使用します。
  • 画像処理ソフト
    動画編集/画像編集等に使用します。
  • 高解像度対応モニタ
    必須ではありませんが、高性能な4k/高解像度カメラで撮影したデータを編集するためには高解像度対応のモニタが最適です。
    ※電子納品の際の画像サイズには注意が必要です。高解像度のファイルは容量オーバーとなる可能性があります。
  • ストレージ
    高解像度データはファイル容量が大きいため、保管して奥には相応のストレージが必要となります。
  • 予備バッテリー+充電器
    長時間運用や緊急時の予備に、可能な限り備えておくと、いざという時に役立ちます。

 


測量用

3次元測量や公共事業i-construction等で必要となると思われる仕様を想定。

必要な機体

DJI社製Inspire2は安全も高く、測量用途にも最適です。またはMatrice 210 RTKならRTKユニットによる高精度な位置情報が取得可能。いずれも搭載するカメラシステムの変更が可能。一定の高度を保ち、撮影範囲をできるだけ効率よく撮影するためのオートパイロット機能が事実上不可欠となりますが、DJI純正のiPadアプリ「DJI GO 4」で高度なオートパイロットが利用可能です。

その他必要な機器、設備等

基本的に空撮用途で必要になるもの全てに加え、以下の機器、設備が必要となります。
※業務によっては不要となるものも含む。

  • 画像処理(SfMソフト)、3Dモデリングソフト、点群データ編集ソフト
    撮影データをオルソモザイク処理、3Dモデリング、点群データ化及び編集するために使用します。
  • 点群データ処理ソフト
    上記のソフトで作成した点群データを処理し、断面作成、メッシュ土量計算など様々な形式で出力するソフトです。

 


 

※現時点では何れも当サイト独自の主観による見解であり、誤っている内容が含まれる可能性もあります。
もし、間違いや不適切な内容を発見された方は、下記よりフォームよりお気軽にご指摘ください。

 

この記事に関するお問合わせ

[この記事専用のお問合せフォームです]

以下のフォームよりお気軽にお問合せください。必要に応じて後日担当者よりお返事差し上げます。
※誠に恐縮ですが、すべてのお問合せに対応をお約束するものでは御座いません、予めご留意ください。

御社名・屋号

担当者様お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

内容 (必須)
相談見積依頼その他お問合せ・ご連絡

内容をできるだけ具体的にご記入ください

captcha スパム対策にご協力ください。
ここに表示されている英数字を下のボックスに「半角英数」で入力してください

最近の記事

  1. 空撮専用機
  2. 楽天ドローン配送、輸送
  3. Elroy Air 「Chaparral」

FACEBOOK

DJI MAVIC2シリーズ 公式ショップ

DJI製品のご購入は、安心のDJI公式サイトから↓

人気記事

AD

PAGE TOP