産業用ドローン・種類


現在ドローンは、ホビー用と産業用の2種に大別できます。明確な定義はないため、当サイトでは個人が趣味で使用するものを、ホビー用ドローンとして分類。その他の業務用ドローン等を産業用ドローンと独自に定義します(以降、他サイトからの引用を除き、当サイトが作成する記事上では前述のとおり区別します)。

 

用途

現時点では主に次の用途で使用又は導入の検討が進んでいます。

  • 空撮用ドローン
    空撮が低コストで実現できるため映像関連業者等が積極的に導入しており、一番導入が進んでいる分野と思われます。
    様々な機種が発売されており、多くのメーカー製既製品は主に空撮(動画)を目的とするドローンが主流です。
    一般的な空撮映像の撮影であれば、メーカー製既製品(ミドル~ハイスペックモデル)で十分対応可能です。
  • 建設現場・測量用ドローン
    政府主導のによる人手不足の解消やコストの削減に関する取組、i-constructionでは、ドローンの導入を推進・義務付けられることもあり、主に空撮、測量に用いられ導入が進んでいます。
    測量に使用する場合は、対空標識の設置、画像処理ソフト等、ドローン以外に必要な技術や機材、設備等が必要になるため、各業者とも暗中模索の状況。
    ハイスペックなメーカー製既製品でも対応できる場合が多いものの、用途によってはオリジナル機などが必要になる場合もあります。
  • 検査・点検・監視用ドローン
    一部の企業が研究機関等と連携し、導入し始めています。特殊性が高く検査・点検法、監視体制等、用途に応じた機能を搭載しなければならず、メーカー製既製品で対応できない場合は必然的にオリジナルなカスタムメイドの機体や汎用性の高い産業用機が必要となります。
  • 農業用ドローン
    スマート農業、ICT農業など、農業と先進技術を組合わせる取り組みが進んでおり、農薬散布や育成状況の監視など、様々な用途で導入・検討が進んでいます。建設業同様、人手不足の解消やコストの削減のほか、若い世代の取込みも期待されています。
    メーカー製の既製品も様々な機体が発売されており、農薬散布機はドローンのひとつのジャンルとして確立されています。
  • 捜索・救援活動・災害支援活動用ドローン
    空撮用ドローンは現地の状況を上空から広範囲に確認、記録できるため、救助活動や監視業務にも適しています。赤外線カメラを搭載し遭難者の捜索に使用することも可能。
    例えば、海難事故の際にライフジャケットや浮き輪を携行させ、船では近づけない漂流者に向けてピンポイントで投下することなども可能ですが、このような特殊な用途の機体は、オリジナルのカスタムメイド機が必要となります。
  • 物資運搬用ドローン
    物資の運搬が困難な場所へ、最短ルートで短時間に物資の輸送が可能。配送困難地域や輸送コストの削減も期待されています。
    搭載する物資・荷物のサイズや重量に応じたサイズのオリジナル機が必要となります。
  • 防犯・警備・追跡用ドローン
    警備会社による防犯型のドローンも存在。画像識別技術との組合せで、テロ対策などにも活躍が期待されます。
    工場内のパトロールなどにも導入・検討され始めています。
    不審者や不審物を認識するための画像認識、AIとの連携も重要で、場合によってはその他のシステムとも連携しなければなりません。
  • 害鳥・害獣対策用ドローン
    害鳥、害獣被害の対策として、ドローンによって威嚇するなどして害鳥、害獣を追い払います。
    正しく害鳥、害獣を認識するための画像認識、AIとの連携が必要です。
  • 対ドローン用ドローン
    不審な機体や、違法な機体を撃退することに特化したドローン。警察などの捜査機関が導入検討を始めているようです。
    用途が用途なだけに現時点では一般的ではないものの、悪事を働く、または何らかのトラブルによりコントロールを失った機体を安全に確保しなければならないシーンは、今後多く見られるようになるのではないでしょうか。

 

現時点では主に上記の用途で、導入・または導入の検討が進んでおり、実証実験なども盛んに行われています。
ドローンが様々な問題解決に一役買っており今後も様々な分野で産業利用が進んでいくものと見込まれます。

 

※このページは随時更新する予定。

 

 

最近の記事

  1. 空撮専用機
  2. 楽天ドローン配送、輸送
  3. Elroy Air 「Chaparral」

FACEBOOK

DJI MAVIC2シリーズ 公式ショップ

DJI製品のご購入は、安心のDJI公式サイトから↓

人気記事

AD

PAGE TOP