オプティム社の病害虫検知し自動で農薬散布する農業用ドローン

オプティム

オプティム社(東京都港区)が独自に開発した農業用ドローン、「オプティムアグリドローン」。

自動飛行機能を­搭載、農家(オペレーター)の作業負荷を減らし、農作業の効率を大幅に高める為に開発された。

地理空間情報マッピングで上空から農地をデジタルスキャ­ニング、データを蓄積しビックデータを解析することで病害虫の早期発見や生育管理の簡素化を図る。

ピンポイントでの農薬散布や害虫駆除、肥料散布、鳥獣害防除など、さまざまな用途で活用できる機能­を搭載している。

設定されたルートを自動飛行し、近赤外線カメラ、サーモカメラで撮影、広大な農場のデータを短時間で収集できる。

また、不要な農薬を撒かずに済み農薬使用量の削減に大いに役立つことが期待される。

関連記事

  1. 最長2時間飛行可能なドローン、US-1

  2. 見逃しがち、ドローンはアプリからの制御に強く依存する

  3. スポンサー広告募集

  4. スポンサー広告募集

  5. 現在サイトデザイン調整中です

  6. スポンサー広告募集

  7. ドローン練習用に最適な機体はナニ DJI?PARROT?

  8. 鹿島 ドローンで3Dレーザー計測に成功

  9. dhi

    山岳地帯でのドローン輸送試験動画 ドイツDHL社

FACEBOOK

DJI MAVIC2シリーズ 公式ショップ

DJI製品のご購入は、安心のDJI公式サイトから↓

人気記事

ソーシャル

AD

PAGE TOP