「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」の改正

空撮専用機

新たに航空法に基づく許可・承認を受け、飛行を行う場合は、その都度、飛行前に「飛行情報共有システム」を利用して飛行経路に係る他の無人航空機の飛行予定の情報等を確認するとともに、当該システムへ飛行予定の情報を入力することが必要となります。

無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領 改正(PDF)
・飛行情報共有システム https://www.fiss.mlit.go.jp/top

関連記事

  1. 最長2時間飛行可能なドローン、US-1

  2. dhi

    山岳地帯でのドローン輸送試験動画 ドイツDHL社

  3. ドローン練習用に最適な機体はナニ DJI?PARROT?

  4. スポンサー広告募集

  5. ラグビーワールドカップ2019の開催に伴い小型無人機等の飛行が禁止される空港及び期間の指定について:…

  6. TREND-POINT(トレンドポイント)

    3D点群処理システム TREND-POINT

  7. オプティム

    オプティム社の病害虫検知し自動で農薬散布する農業用ドローン

  8. Elroy Air 「Chaparral」

    貨物200kg超 空輸用大型ドローン

  9. 現在サイトデザイン調整中です

FACEBOOK

DJI MAVIC2シリーズ 公式ショップ

DJI製品のご購入は、安心のDJI公式サイトから↓

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

ソーシャル

AD

PAGE TOP