貨物200kg超 空輸用大型ドローン

Elroy Air 「Chaparral」

貨物を200kg超も空輸できる巨大ドローン、米スタートアップが開発中

Elroy Airの貨物輸送ドローン「チャパラル(Chaparral)」は、バッテリー駆動のローター6基で離着陸し、ガソリンを燃料とするプロペラ1基で水平飛行する。

引用:産経ニュース

200kgも空輸できる大型ドローンの開発が進んでいるようです。
日本では、山間部や離島などへの大量の物資輸送などに活躍しそう。

やはり大型で長距離(長時間)飛行が求められる機体はバッテリーとエンジンなどのハイブリッド型が主流になりつつあります。

関連記事

  1. スポンサー広告募集

    スポンサー広告募集

  2. 「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」の一部改正に関するパブリックコメントの募集

  3. スポンサー広告募集

  4. スポンサー広告募集

  5. ラグビーワールドカップ2019の開催に伴い小型無人機等の飛行が禁止される空港及び期間の指定について:…

  6. 現在サイトデザイン調整中です

  7. ドローンの飛行規制などを盛り込んだ改正航空法成立、年内に施行

  8. 見逃しがち、ドローンはアプリからの制御に強く依存する

  9. オプティム

    オプティム社の病害虫検知し自動で農薬散布する農業用ドローン

FACEBOOK

DJI MAVIC2シリーズ 公式ショップ

DJI製品のご購入は、安心のDJI公式サイトから↓

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

ソーシャル

AD

PAGE TOP