ドローンの飛行、運用に必要な機材の一覧


ドローンは、様々な機材を利用して運用します。このページでは一般的なドローンの飛行、運用に機材を紹介します。
(機種や用途、運用方法によって異なります。)

  • ドローン本体
    本体です、画像は開発中の試作機。
    防水型オクトコプター
  • 送信機(プロポ)
    送信機で本体を遠隔操作します。画像はフタバ製送信機。

    FUTABA T12k 送信機

    FUTABA T12k 送信機

  • 携帯端末(モバイルデバイス)
    スマホやタブレット型があり後述するアプリを使用します。不要な機種もありますが、基本的には必要になるものです。画像はApple製iPad。

    Apple iPad air

    Apple iPad air

  • PC(パソコン)
    本体のファームウェアを更新したり、ドローンで取得したデータの保管、編集、加工などに利用します。不要な機種もあります。(この場合も、サービサーや販売店等が利用します。)画像はApple製mac book。

    Apple製mac book

    Apple製mac book

  • アプリ、ソフトウェア
    機体の制御や様々な機体情報を表示します。これにより自動航行等をプログラムしたり挙動をコントロールします。使用しない機材もあります(オペレーションを簡便にするためにあらかじめ設定が固定されているなど)。画像はDJI GO 4画面。

    DJI GO 4 サンプル画面

  • 消火器、計測機器、その他
    墜落時の消火活動に備えた消化設備、風速を計測する風速計や、パイロットと補助者の通信手段となるトランシーバーなどがあります。

 

他にも用途に応じて必要な機材が追加されますが、基本的には最低限上記の装備、機材が必要になります。

 

最近の記事

  1. 空撮専用機
  2. 楽天ドローン配送、輸送
  3. Elroy Air 「Chaparral」

FACEBOOK

DJI MAVIC2シリーズ 公式ショップ

DJI製品のご購入は、安心のDJI公式サイトから↓

人気記事

AD

PAGE TOP